接客スタンスの話 | セクキャバでしっかり働けば、金銭的に困らなくなります
menu

接客スタンスの話

風船に囲まれている女性

キャバクラでは常にお客さんを自分のものにすることを考えながら仕事をすることが重要になります。
しかし、そうはいっても例外があるのでその話もしておきいたいと思います。

まずキャバクラでの接客というのは、大きくわけて2種類の接客を使いこなす必要があります。
それは、通常のお客さんを相手にするときとヘルプとして入る場合です。
このふたつはまったく同じような接客ではダメです。
必ず使い分けなければいけません。

ではヘルプとはなにか?
これはお客さん同士で指名した相手が被ってしまった場合に、変わりとなるキャバ嬢がお客さんの接客をすることを指します。
つまりヘルプとして仕事をすることは今後間違いなくあなたにも出てくるでしょう。

ただヘルプとして接客をする場合、絶対にお客さんとは一定の距離を保ちながら接する必要があります。
その理由は、あなたのことを好きになってしまうかもしれないからです。
それはすなわち指名を強奪することにつながってしまいます。
つまり結果として報酬の横取りになるので、ヘルプでお客さんを奪う行為は非常に罪が重たいわけです。
だからどんなキャバクラでも、人のお客さんを奪うような行為は禁止していたりします。
もし破ってしまった場合はペナルティとして多額の罰金が発生してしまう可能性があるので、絶対にあなたも奪わないように注意してください。
これは奪ってしまった他のキャバ嬢との関係性も大きく悪化してしまいますし、そうなればそのお店で長く働き続けることなんて難しくなるでしょう。
まったく関係ない他のキャバ嬢からも冷たい目で見られるようになるかもしれません。