絶対に受かるには… | セクキャバでしっかり働けば、金銭的に困らなくなります
menu

絶対に受かるには…

髪を巻いている女性

もちろんやる気さえあったら、どんな人でもキャバクラに入店することができます。
だから学歴とか職歴に自信がなくても、まったく気にせずキャバクラの求人に応募してください。

ただし、どのように面接を受けるのかによって採用率は大きく変わってきます。
夜のお店だったら適当でも受かるだろうと思い込んでいると、痛い目に遭ってしまうかもしれません。
だから今回はキャバクラの面接で確実に採用してもらうための話をしていきたいと思います。

まずキャバクラの面接については、絶対に身だしなみのチェックが入ります。
つまりきちんと余所行きの格好をした状態で面接を受けるようにしてください。

そしてキャバクラに入店したいなら、稼ぎたいアピールは絶対にした方がいいでしょう。
例えば毎月どれくらいのお金がほしいのか?ということを聞かれる場合があります。
その際にはできるだけ大きな金額を話すようにした方がいいでしょう。

ただし稼ぎたい金額を話すだけじゃなくて、その根拠となる話も絶対にするべきです。
そうすれば本当に稼ぎたいんだなという熱意がしっかりと伝わりますので、これでかなり入店しやすくなるでしょう。

また面接の際には、ちゃんと敬語を話せれるようになっておいてください。
常識のある人だったらなにも問題ないと思いますが、たまに敬語を使いこなせない人もいると思います。
キャバクラの仕事で敬語が使えないのは致命的なことなので、きちんと丁寧な言葉遣いができるようになっておきましょう。

あとお酒についても飲めるかどうか聞かれますが、苦手なラ正直に苦手といった方がいいです。
あとから嘘をついていたことがバレるとめんどくさいので、嘘は絶対にやめましょう。